閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年1月13日 モスクワ 木原栄治

ロシア:Norilsk Nickelの北極圏支社、2013年の計画を達成する見込み

 2013年12月23日付け地元報道によると、Norilsk Nickelの北極圏支社は、2013年の生産計画を達成する見込みである。達成率はニッケル地金100%、銅カソード100.3%、コバルト製品112.1%、白金族金属精鉱102.7%と予想されている。

 北極圏支社のニコライ・ウトキン生産担当副支社長は、2013年の改修計画も達成したと述べており、「ニッケル・プラントの第2鉱石熱処理炉の修理を終え稼働を開始したことで、ニッケルマット処理が促進される。また、7月にはTaimyr鉱山南セクション第3スキップ立坑(SS-3)のスキップホイスト改修が終了した。来年も各事業所で企業発展戦略に沿った近代化を継続してゆく。」と述べている。

ページトップへ