閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2014年1月13日 モスクワ 木原栄治

ロシア:Norilsk Nickel、在庫用ニッケルは生産せず

 2013年12月25日付け地元報道によると、Norilsk Nickel、CEOで主要株主の一人であるウラジーミル・ポターニン氏は、同社の販売方針の基本は、金属生産の全量をエンドユーザーに販売することであり、市場での低価格を理由にニッケルの一部を在庫として保有する計画はないと述べている。

 ポターニン氏は、「これは、トレーダーによる当社製品の投機取引を最大限排除するために不可欠である。当社のニッケルの約85%が長期契約でエンドユーザーに販売されており、スポット契約用はごくわずかである。しかし、当社では市場の実態を把握すべく、個々のスポット契約に関してもニッケルの仕向け国毎の追跡調査に努めている。」と述べている。また、同氏は「ニッケル市況は悪いが、白金族金属市場の好況に支えられている。しかも、当社は他の世界的メーカーに比べ、ニッケルの製造原価が非常に低い。」と述べており、ニッケル価格は会社の経営を大きく左右する程ではないことをPRしている。

 Norilsk Nickelの2013年の生産量は、ニッケル22万9,000 t(23.8%減)、銅35万8,000 t(1.6%減)、プラチナ62万6,000 oz(8.3%減)、パラジウム257万6,000 oz(5.7%減)を予定している。

ページトップへ