閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2014年1月16日 北京 篠田邦彦

中国:内モンゴル、非鉄金属鉱物資源に対し大規模探査を実施へ

 安泰科によれば、内モンゴル自治区人民政府からの情報によると、2014年内に非鉄金属鉱物資源に対して大規模探査を実施し、鉱物資源確保能力のより一層の向上を図る。

 内モンゴルでは、現在進行中の縮尺5万分の1非鉄金属鉱物資源調査区、縮尺5万分の1地化学探査区、地質探査プロジェクト区及び確定した重要探査区域以外の探査区で大規模探査を実施する予定で、入札募集方式で大規模探査企業を定める。内モンゴル政府は、落札した企業に対し、大規模探査区の所在地で企業を登録し、探査、採掘、選鉱、製錬、加工等の一体化開発を進めることを求め、5年以内に特定鉱種の探査事業を完了させ、探査期間中の探査権の譲渡を禁止する。

 内モンゴルの規定によると、非鉄金属鉱物資源の大規模探査地域は、国家が出資する探査区である場合、評価方式で探査権価格を確定する。未探査地域である場合、探査権価格は第1年目1,000元/㎢、第2年目から1 ㎢当たり年々1,000元ずつ増加して納付する。社会探査権地域である場合、事前に定めた統合方式に基づき統合する。大規模探査区以外の地域に対し、探査権の譲渡最低価格は1万元/㎢以上である。

 内モンゴル政府は、協議による鉱業権の譲渡をより厳しく管理し、鉱業権の統合や探査採掘範囲の拡大により権限の譲渡を協議する必要があるプロジェクトに関して、自治区人民政府からの協議方式での譲渡許可が必要と明確に規定している。また他の協議による重要金属鉱業権の譲渡プロジェクトについては、自治区国土資源庁の審査認可を受け、自治区人民政府主席弁公会議に書面で申請し、検討する。

ページトップへ