閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年1月20日 バンクーバー 山路法宏

加:Manitoba州、雇用の創出や経済の活性化をもたらす鉱物資源探査への新たなインセンティブを発表

 2014年1月19日、Manitoba州政府はManitoba州において鉱物資源探査を行う会社への財政的支援策である鉱物資源探査支援プログラム(Mineral Exploration Assistance Program:MEAP)について、2014-2015年度は前年度の2倍となる3百万C$の新たな資金を供給することを発表した。MEAPは、承認された探鉱費の一部を払い戻す形で行われる。また、探鉱者への支援策であるManitoba探鉱者支援プログラム(Manitoba Prospectors Assistance Program:MPAP)についても、2014-2015年度は新たに125千C$の資金を用意し、探鉱者に対して助成するとしている。

 Manitoba州では、鉱物資源探査の促進による雇用の創出と経済の押し上げを目的として、鉱山会社や探鉱者に対する支援を強化しており、2012年には、鉱業及び石油産業において5,700人以上の雇用と関連ビジネスで18,000人もの雇用が生まれたと推定されている。

ページトップへ