閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2014年1月21日 北京 篠田邦彦

中国:2013年末、中国の亜鉛鉱山は徐々に減産

 安泰科によれば、2013年末時点で、中国国内の一部地域の亜鉛鉱山は、減産あるいは生産停止の傾向にあり、鉱山の稼働率は、依然として高くなく、在庫は恒常的に少ない。

 湖南地域にある数多くの鉱山は、依然として買収統合期にあり、手続き面で難航しているため、鉱山は全面的な生産停止に至っている。また、雲南地域の亜鉛鉱山も既に生産停止・減産している状態である。北部及び広西にある一部の鉱山は、雨・雪などの天候及び給電規制の影響により、少数の鉱山が既に生産停止している。ただし同地域の亜鉛精鉱の供給源は比較的余裕があり、しかも現地製錬所が多いため、大規模亜鉛精鉱企業の稼働率は比較的安定している。 亜鉛価格の低迷及びオフシーズンの市況により、鉱山は売り惜しみから出荷量を明らかに抑制している。

ページトップへ