閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2014年1月22日 バンクーバー 山路法宏、ロンドン 竹下聡美

マダガスカル:Sherritt社、アンバトビー・ニッケル鉱山の商業生産を開始

 2014年1月22日、カナダのニッケル生産大手Sherritt International Corporation(以下、「Sherritt社」)は、マダガスカルのアンバトビー・ニッケル鉱山において、30日間の平均でPressure Acid Leach(PAL)プラントでの鉱石処理量が商業生産と定義されるフル操業時の70%に達したと発表した。同鉱山は、ラテライト鉱石からニッケル地金及びコバルト地金を一貫生産する世界最大級の鉱山で、フル操業時の年産能力はニッケル地金6万t、コバルト地金5.6千tとなっている。採掘から選鉱、製錬、販売までをJV事業体で実施し、Sherritt社がオペレータを務め権益の40%を保有。その他、住友商事が27.5%、Korea Resouces社が27.5%、加SNC-Lavalin社が5%を保有している。

ページトップへ