閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年1月24日 北京 篠田邦彦

中国:2013年のボーキサイトの輸入量は7,000万t超と急増

 安泰科によれば、最新の税関統計データによると、2013年12月の中国のボーキサイトの輸入量は前月比47.4%増の522万t、2013年の中国のボーキサイトの総輸入量は前年比80.4%増の7,153万tと、急激な増加となった。

 国別に見ると、2013年の中国のボーキサイト輸入は、インドネシアから68%、豪州から20%、インドから8%を占め、この他ギニア、ブラジル、ガーナ共和国、フィジー、ドミニカ及びガイアナなどからとなっている。2014年初め、インドネシアが、ボーキサイト等原鉱石の輸出禁止政策を実施したため、国内の酸化アルミニウム企業は皆、2013年に輸入ボーキサイトの在庫量を増やし、それと同時に国内酸化アルミニウム企業は積極的にボーキサイト鉱石の輸入供給源も増やし、輸入国は2012年の6か国から2013年の11か国に増加した。インドネシア政府がボーキサイトの輸出禁止政策を実施することによって、短期間で国内の酸化アルミニウム企業がインドネシアから輸入する鉱石量は大幅に減少する見込みで、インドネシア政府が原鉱石の輸出を再開するまでに、国内の酸化アルミニウム企業は主に在庫を消費し、同時に他の国からのボーキサイト輸入量を継続的に拡大していく。

ページトップへ