閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年1月27日 モスクワ 木原栄治

キルギス:Taldy-Bulak Levoberezhny 金鉱床、6月30日に操業開始予定

 2014年1月14日付け地元報道によると、キルギス国営企業Kyrgyzaltyn社のサギンベク・アブドラフマノフ副会長が、Taldy-Bulak Levoberezhny金鉱床の操業開始は2014年6月30日を予定している旨を述べた。副会長は、「金埋蔵量は100 t以上に拡大する見込みである(現在78 t)。現在、尾鉱集積場、金抽出プラント等の建設が行われている。環境アセスメントは最終段階にあり、完了後に公聴会を開く予定である。尾鉱集積場及びその他施設の再生計画(600万US$)も策定済みで、国家機関による審査が行われている。」と述べた。

 同鉱床の探査・開発ライセンスは中国企業Altynken社が所有し、鉱山及びその他インフラの40%をKyrgyzaltyn社が所有している。

ページトップへ