閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年1月30日 バンクーバー 山路法宏

米:Newmont社、2013年の生産実績と2014年の見通しを発表

 2014年1月30日、Newmont Mining Corporation(以下、「Newmont社」)は、2013年の操業実績と2014年の見通しを発表し、2013年は操業計画を達成すると共に、2014年も安定した金生産と銅生産の増加が見込まれるとの見通しを明らかにした。

 2013年は、年間の金生産量が5.1百万oz(約158.6 t)と生産計画(4.8~5.1百万oz)の中で最大となった。銅についても、年産144百万lb(約65千t)で生産計画(135~145百万lb)を達成している。Newmont社は、この結果には、豪州のTanami鉱山及びニュージーランドのWaihi鉱山での生産性の大幅な改革の達成や、年初に生産量の不足を生じたネバダ州での生産回復、ガーナのAkyem鉱山及び米国ネバダ州のPhoenix鉱山の銅リーチング設備の順調な生産開始が寄与したと説明している。

 また、2014年の見通しとして、金が年間5.0百万oz(約155.5 t)~5.35百万oz(約166.4 t)、銅が年間160千tから175千tの生産を見込んでおり、資本の強化のために年間で13~14億US$の投資を計画している。

ページトップへ