閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年2月3日 メキシコ 縄田俊之

パナマ:加First Quantum Minerals社、Cobre Panamá銅・金プロジェクトの評価見直しを公表

2014年1月28日付け業界紙等によると、加First Quantum Minerals社(本社:バンクーバー)は、パナマに保有するCobre Panamá銅・金プロジェクトに関する評価の見直し結果を公表し、生産開始が2017年Q4にずれ込むとともに、開発コストが64億US$に達する見通しである旨を明らかにした。 同社は、当初開発コストとして62億US$を見積もっていたが、2013年の加Inmet Mining社買収費用のほか追加開発コストが発生したため、総額が増加した旨を説明した。 精測及び概測資源量は3,271百万t、年間粗鉱処理量は当初10年間は70百万t/年(当初Inmet Mining社が計画した量より17%増)、その後100百万t/年に達する見通し。 また、年間粗鉱処理量を70百万t/年とした場合、鉱山寿命は34年、銅生産量は32万t/年(当初計画より20%増)、金生産量は3.1 t/年、銀生産量は56 t/年、モリブデン生産量は3,500 t/年である。

ページトップへ