閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年2月3日 モスクワ 木原栄治

ロシア:レアアース・プロジェクトに利子補給

 2014年1月27日付け地元報道によると、ロシア政府は、レアメタル・レアアース生産分野の投資プロジェクト向け利子補給(2014~2016年で総額7億3,520万ルーブル以上)に関する決議を採択した。これは当該プロジェクト向け利子補給計画の第一段階とされ、年別の内訳は2014年1,120万ルーブル、2015年1億3,330万ルーブル、2016年5億9,080万ルーブルとなっている。なお、産業貿易省案では、2020年までの当該プロジェクト向け利子補給総額は150億3,500万ルーブル以上とされ、うち143億ルーブルが2017~2020年執行とされている。利子補給の対象となるのは、レアメタル・レアアース分野のプロジェクトに携わり、産業貿易省による選考(年1回以上実施)をパスした企業となる予定である。

 本決議は、「レアメタル・レアアース産業の発展戦略」を根拠としており、同戦略はロシアの軍需及び民間産業部門の需要を満たし、海外市場進出を果たすため、一貫生産体制の競争力あるレアメタル・レアアース産業を国内に構築することを目的としている。2013年10月、デニス・マントゥロフ産業貿易相は、2020年までのレアアース開発・生産プログラムの予定投資額は1,450億ルーブル(うち235億ルーブルは国家予算支出)であると述べていた。産業貿易省は、レアアース原料及び最終製品の生産を毎年10~20%拡大し、2020年には約2万tにすることを見込んでおり、同プログラムには国営大手のRostec社とRosatom社が参加する予定である。

ページトップへ