閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニオブ レアメタル
2014年2月3日 ロンドン 北野由佳

タンザニア:Panda Hillニオブ探鉱プロジェクトで高い経済性を確認

 豪Cradle Resources社は2014年1月30日、同社がタンザニアに有するPanda Hillニオブ探鉱プロジェクトに関して、Scoping Studyの結果、高い経済性が確認できたことを明らかにした。必要とされる初期設備投資額は約1億8,500万US$で、マインライフは28年、ニオブの年間生産量は4,800 tが見込まれている。同社はプレFSを2014年Q2から開始し2014年Q4までには完了させる予定である。同社のGrant Davey社長は「Scoping Studyの結果は期待以上であり、Panda Hillプロジェクトで高い経済性が見込めることを裏付けた。次の段階では、操業コストの削減、資本の最適化、そしてニオブ資源量におけるリスク排除と資源量の増加に専念する。」とコメントした。

ページトップへ