閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年2月6日 バンクーバー 昆野充登

加:2014-2015年度北西準州予算、2億$余剰の見込み

 2014年2月6日付地元報道によれば、2014-2015年度北西準州予算に2億$の余剰金が発生する見込みとなっている。同州では州内人口が減少している一方で、歳出より税収が超過する見込みとなっている。

 連邦政府が承認した北西準州の当初予算では、16億$を歳出するものの2億$の余剰が発生するとしている。余剰が発生するのは今回で3年連続となる。

 Michael Miltenberger財務相は、州内に定住しない労働者(fiy₋in worker)を減らし、州外からの移住者の受け入れや南部の各州で教育を受けた若者が再び戻ってくることにより人口を増加させることが重要であると述べたほか、北西準州は今後、ハイウェイの建設や水力発電の電力網整備等で高額な支出が見込まれていると話している。

ページトップへ