閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル レアメタル ニッケル
2014年2月10日 モスクワ 木原栄治

ロシア:経済発展省、ニッケル及び銅の輸出関税の前倒し廃止に否定的

 2014年1月29日付け地元報道によると、ロシア経済発展省のアレクセイ・リハチョフ次官は、ニッケル及び銅の輸出関税を前倒しで廃止することを検討したが、前倒しの廃止はどちらかといえば行われないと述べている。また、輸出関税は既に3.75%であり2016年にはゼロになる予定であり、今関税を廃止すれば、2016年までの連邦予算の損失は2億4,000万US$になるとも述べている。

 2013年11月末、メドヴェージェフ首相が金属産業発展に向けた会議を開催し、同産業の現状や支援策が検討された。同会議を受け、関係省庁へ、ニッケル及び銅の輸出関税の2014年廃止を検討するよう指示が出されていた。

 なお、これらの輸出関税は、ロシアのWTO加盟時の条件として2016年9月1日から廃止される予定である。

ページトップへ