閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年2月12日 北京 篠田邦彦

中国:豫光金鉛の銅製錬スラグ処理プロジェクトが間もなく生産開始

 安泰科によれば、2013年の春節中に、豫光金鉛の銅製錬スラグ処理事業の設備は既に設置が完了し、いつでもテスト調整・試運転できる状態である。同プロジェクトは、資源総合利用プロジェクトで、2012年4月に、豫光金鉛公司が重要プロジェクト投資公告を発表しており、投資予定額は8.30億元で、2年間をかけて建設する。銅製錬スラグの総合回収利用を行い、年間で銅スラグ13.5万tを処理することができ、また、電解銅23,490 t、鉛アノード57,280 t、アノードスライム300 t、硫酸65,962 tを生産することができる。これにより年間売上額26.22億元、純利潤額1.1億元を実現する。

 豫光金鉛の主要業務は鉛/亜鉛製錬で、電解鉛が主要製品である。

ページトップへ