閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年2月14日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:環境監督庁、Quebrada Blanca銅鉱山燃料油流出事故浄化計画の十分な実施を宣言

 2014年2月13日、チリ環境監督庁は、Teck Resourcesが操業するQuebrada Blanca銅鉱山(チリ第Ⅰ州)で前年発生した燃料油漏出事故の浄化計画が十分に実施されたと発表した。Teckと当局の調査により、漏出事故の原因はパイプから漏れ出した燃料油が廃水処理プラントに入り込み、処理水とともに外に流れ出したものと結論した。Teckはこの浄化計画に300万US$を支出したという。2013年1月7日、Teckは燃料油漏出事故の発生を報告し、油の流出が37 ㎞下流まで広がり、環境に被害が出ていることが当局により確認されていた。

 Quebrada Blanca銅鉱山の2013年産銅量は56,200 t。

ページトップへ