閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年2月24日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:経済省、2014年メキシコ鉱業投資額は対前年比25%減の60億US$になる見通し

 2014年2月17日付け業界紙等によると、経済省のMario Cantú鉱業局長は、金属市況の低迷及び鉱業特別税等の導入により、2014年におけるメキシコ鉱業への投資額は2013年の80億US$から25%減の60億US$になる見通しを明らかにした。

 同局長によると、2013年末時点において鉱業当局に登録された鉱業プロジェクト数は、2012年の800件から650件へと減少した。メキシコ鉱業が国際競争力を維持していくためには、地質学的にポテンシャルを有していることを示すべく新たな調査研究を実施しなければならない。

ページトップへ