閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年3月17日 ハノイ 五十嵐吉昭

ベトナム:中南部Binh Thuan省のアルミナ輸出港の投資許可証を撤回

 2014年3月17日付け地元紙によれば、ベトナム中南部のボーキサイト鉱山及びアルミナプラント開発に伴い計画されていたBinh Thuan省のKe Ga港の投資許可証が撤回された。同港はベトナム国営石炭鉱物産業グループ(Vinacomin)が2007年に許可を得て、Tan Rai及びNhan Coの2つのアルミナ工場で製造されるアルミナを輸出するため建設が計画されていたが、本来補償を受取るはずであった12のリゾート開発業者に対して、Vinacominは資金不足のために僅かな額しか払えなかった。ハイ副首相は地方政府とVinacominに対して、12のリゾート開発業者に支払うべき補償額の再計算を命じ、運輸省に対してはKe Ga港の代りとなる代替港の計画策定を命じた。Vinacominは同港の採算が取れないとして一年以上前に建設計画を凍結したが、政府の最終決定が遅れていた。

ページトップへ