閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年3月24日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:メキシコ法廷、20億US$訴訟に対するGrupo México社CEOの訴えを棄却

2014 年3 月20 日付け業界紙等によると、2 つのメキシコ法廷は、英国の投資会社Infund社のGrupo México社に対する20億US$の請求訴訟に関し、Grupo México社の子会社であるAmericas Mining社を共同被告とするよう申し出を行っていたGrupo México社CEOのGermán Larrea氏による訴えを棄却した。 そもそも、2003 年にInfund社がGrupo México社に対して75百万US$を支払い、当時65百万US$に相当するシリーズBの優先株式の譲渡に関する商業契約を交わしたが、同氏が当該優先株式の譲渡を拒否したことから本契約が不履行となったため、Infund社が民事訴訟を起こしたものであり、現時点での当該優先株式の市場価格は20億US$以上と推計される。 Infund社のスポークスマンであるJosé Antonio Marván氏は、メキシコ地方裁判所に続き控訴審が行われている高等裁判所において、Infund社の請求のとおり本訴訟の当事者はGrupo México社株式の過半数を保有するGermán Larrea氏とInfund社であることが確認され、Germán Larrea氏による訴えを退ける裁定が下された旨を伝えるとともに、本裁定を歓迎した。 なお、Grupo México社からは、本裁定に対し一切コメントがない。

ページトップへ