閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年3月25日 バンクーバー 山路法宏

加:連邦政府から北西準州への権限委譲が2014年4月1日より施行

 2014 年3 月25 日、カナダ連邦政府は北西準州政府に対する権限委譲法案(Northwest Territories Devolution Act(Bill C-15))に関して、国王の裁可が下された事に歓迎の意を表明した。同法案は現行の北西準州法(Northwest Territories Act)に代わって4 月1 日より施行され、2013 年6 月に連邦政府、北西準州政府及び先住民自治政府との間で締結された土地・資源権限委譲協定(Northwest Territories Lands and Resources Devolution Agreement)の規定を実行していく。

 権限委譲は北西準州の人々にとって長い間の優先事項であった。隣接するユーコン準州では、権限が委譲された2003 年以降、10 年連続でGDPがプラス成長を続けており、そのうち8 回は連邦の成長率を超えていることから、今回の権限委譲によって、北西準州でも同様の経済成長が期待されている。

ページトップへ