閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2014年3月27日 バンクーバー 山路法宏

加:New Miilennium Iron社、Taconite鉄鉱石プロジェクトのF/S結果を公表

 2014 年3 月27 日、加New Miilennium Iron Corp.(以下、New Millennium社))は、同社が印Tata Steel社と共同で実施しているケベック州(QC州)とニューファンドランド・ラブラドール州(NL州)にまたがるTaconite鉄鉱石プロジェクトのF/S結果を公表した。

 Taconiteプロジェクトは、NL州に位置するLabMag鉱床とQC州に位置するKéMag鉱床の2 つに分かれており、17 Mt/yのペレット(高炉用12 Mt/y、DR用5 Mt/y)と6 Mt/yのペレット用鉄鉱石を生産するもの。FSの結果、インフラ整備を含めたCAPEXは、LabMag鉱床の開発に7,749百万C$、KéMag鉱床の開発に8,239百万C$が必要で、これを100%株式で資金調達した場合の税引後内部収益率(IRR)は、それぞれ14.1%と13.2%と試算された。なお、価格前提はPFで90 U$/t、BF用ペレットで116.61 U$/t、DR用ペレットで126.86 U$/t(いずれもFOB)としており、操業期間はLabMagで39 年、KeMagで22 年としている。

 Taconiteプロジェクトは、New Millennium社64%、Tata Steel社36%のJVにより進められており、精測(Measured)及び概測(Indicated)資源量は、両鉱床合計で6,704百万t、平均品位Fe:26.4%(カットオフ品位Fe:18%)となっている。

ページトップへ