閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年4月2日 バンクーバー 山路法宏

加:Alderon社、Sept-Îles港Pointe-Noireターミナル拡張工事の準備作業を開始

2014 年4 月2 日、加Alderon Iron Ore Corp.(以下、「Alderon社」)は、ケベック州南部のSept-Îles港のPointe-Noireバルクターミナル施設において計画されている拡張工事の準備作業を開始したと発表した。拡張後のターミナル施設は、Alderon社のほか、Labrador Iron Mines社やNew Millennium Iron社、Champion Minerals社も鉄鉱石積出港として活用する予定で、それぞれ拡張工事への資金拠出を表明している。 この新たなマルチユーザー向けの埠頭に関する拡張工事は、2014 年夏までに完了する計画で進められており、Alderon社は、現在ケベック州ラブラドール地域西部で中国の河北鋼鉄集団と共同(Alderon社75%、河北鋼鉄集団25%)で開発中のKami鉱山で生産する鉄鉱石の積出港として、800万tの積出能力を活用できることをSept-Îles港湾局と合意している。

ページトップへ