閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル
2014年4月4日 サンティアゴ 山本邦仁

ブラジル:Minsur社、Pitinga錫鉱山再開発を模索中

 メディア報道によると、Minsur社は、アマゾナス州に位置するPitinga錫鉱山の再開発を模索している。同社は、保有分として7 年分の埋蔵鉱量および鉱物資源量を計上しているが、San Rafael錫鉱山の埋蔵鉱量は3 年分と少なく、2013 年には鉱量確保のための探鉱経費がコスト増要因となり収益を圧迫した。

 Pitinga錫鉱山では1990 年代に前所有者のParanapanema社により漂砂鉱体対象に稼行されたが、Minsur社の再開発計画では、採掘対象はその下部の硬岩鉱体におよぶとされる。国際錫研究所(ITRI)は、錫金属量420,000 tのほかニオブおよびタンタルを伴うPitinga錫鉱山を、世界最大の未開発錫鉱山としている。

ページトップへ