閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年4月4日 ロンドン 北野由佳

ザンビア:鉱山向けの電力価格28.8%値上げ

 ザンビア政府の電力規制委員会(ERB:Energy Regulation Board)は、ザンビア国営電力会社ZESCOとカッパーベルト州の配電会社であるCEC(Copperbelt Energy Corporation)との間での大量供給契約の電力価格に関し、5.31 ¢/KWhから6.84 ¢/KWhへの28.8%の大幅な値上げを承認した。新しい電力価格が2014 年4 月2 日から有効となり、ZESCO及びCECから供給を受ける鉱山会社の電力価格も最低6.84 c/KWhに値上げとなる。

 これに対し、ザンビア鉱業会議所は同国における鉱山操業に悪影響を与える恐れがあるとして懸念を表明し、「鉱山会社、特に生産コストの高い会社は電力価格の値上げによる費用を吸収することができないだろう。この電力価格の値上げは持続可能ではない。」とコメントした。

ページトップへ