閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年4月7日 リマ 岨中真洋

ペルー:Buenaventura社、操業停止中の4 鉱山を売却

 2014 年4 月2 日付け地元紙によると、Buenaventura社(本社:ペルー)は、収益性が低く、探鉱について周辺住民との合意が得られない4 つの鉱山を売却することを明らかにした。売却の対象となるのはArequipa州のShila-Paula鉱山(金、銀)及びPoracota鉱山(金、銀)、またHuancavelica州のRecuperada鉱山(銀、鉛、銅、亜鉛、金)及びAntapite鉱山(金、銀)である。

 Buenaventura社のGalvez財務部長によると、これら4 鉱山は減産傾向にあった事に加え、探鉱実施に関して地元地域との合意形成が困難、又は採掘規模が小さく採算性に欠ける等の事情から操業停止の状態となっていた。今後、同社はこれら鉱山を小規模な鉱山企業に売却する計画である。

ページトップへ