閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年4月10日 バンクーバー 山路法宏

加:Goldcorp社、Osisko社に対する買収提示額を増加

 2014 年4 月10 日、米Goldcorp社は、今年1 月に加Osisko Mining(以下、「Osisko社」)に対して提案した敵対的買収の金額を当初提示額の約26億C$から約36億C$へ増加させる意向を明らかにした。

 Goldcorp社によるOsisko社への敵対的買収については、今年1 月にGoldcorp社が提案して以降、Osisko社は同社の資産に対する評価が低いとして一貫して拒絶する姿勢を示しており、この敵対的買収を阻止するために、4 月2 日には加Yamana Gold(以下、「Yamana社」)とのパートナーシップ協定を締結したばかりである。現金と株式を合わせて1 株あたり7.60 C$でOsisko社の発行済み株式の50%取得するというYamana社の提案に対して、Goldcorp社は1 株あたり7.65 C$で買収するという新たな提案により、50.1%以上の取得を目指している。

 これに対して、Osisko社は、取締役会がこの新たな提案に対する評価が完了するまでいかなるコメントも行わないとの声明を発表し、株主に対しては、この敵対的買収提案に対する同社取締役会の提言がなされるまで行動を起こさないよう、改めて呼びかけている。

ページトップへ