閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年4月15日 北京 篠田邦彦

ペルー:中国アルミのTromocho銅鉱山、全面的に生産復旧へ

 安泰科によれば、中国アルミ公司からの情報によると、ペルー環境評価及び徴税局が公表した最新決議に基づき、同公司が保有するToromocho銅鉱山は生産を全面的に再開した。

 2014 年3 月28 日から、Toromocho銅鉱山は、ペルー環境評価・監督管理局による水管理の関連要求に基づき、予防措置として採掘の試験操業を一時的に停止していた。

 2014 年4 月10 日には水管理システムに関する改善及び最適化を完了し、ペルー当局が関連状況に対する現場検証を行ったのち同鉱山に対して行っている排水問題の予防措置が全面解除された。

 生産は既に全面的に再開しており、同公司は2014 年の生産経営管理計画を継続して実施し、第3 四半期には目標生産能力に達する見込みとしている。1,200万tの銅金属資源量を保有するこの超大規模銅鉱山は、中国国内に年間22万tの銅精鉱を供給する。これは国内生産量の18%を占め、国内銅精鉱の供給不足や過大な対外依存度の問題を解決できる。

 同鉱山は、ペルー国内で近年生産している最大規模の鉱業プロジェクトかつ中国にとってペルーでの最大投資プロジェクトである。また同公司はプロジェクトに関して、環境アセスメント評価など300 件もの必要な各種許可ライセンスを取得した。

ページトップへ