閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年4月24日 バンクーバー 山路法宏

PNG:Nautilus社、PNG政府との合意で海底資源の採掘へ前進

 2014 年4 月24 日、加Nautilus Minerals Inc.(以下、「Nautilus社」)は、パプアニューギニア独立国家政府(以下、「PNG政府」)との間で、同社が計画中のSolwara1海底資源開発プロジェクトの開発に合意したと発表した。これにより、金、銀、銅に富むSolwara1鉱床が生産開始に向けて動き出すこととなった。

 本合意により、PNG政府はNautilus社に7百万US$の手付金を支払い、プロジェクトの15%の権益を取得するほか、無条件で12 ヶ月以内に更に最大15%取得するオプション権を保有する。ただし、開発から最初の生産に至るまでに必要とされる投資額の15%の権益負担分として、PNG政府が今年7 月31 日までに手付金を除いた113百万US$を確保することが条件となっている。この条件が満たされた後に、PNG政府が当初15%の権益を購入することになる。

ページトップへ