閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年4月25日 北京 篠田邦彦

中国:新しい環境保護法、2015 年1 月1 日より施行

 安泰科によれば、第12 期全国人民大会常務委員会第8 回会議で、環境保護法(Environmental Protection Law)の改訂案が審議され、採択された。20 か月の中で、4 回にわたり草案を審議し、最終稿が出来上がった。同法案では、政府や企業の責任と処罰の程度を強化し、専門家に「歴史上最も厳格な環境保護法」と呼ばれている。

 改訂後の環境保護法は、懲罰の程度を強化し、企業・事業単位及び他の生産経営者が汚染物資の違法排出をした場合、罰金による処罰を下し、是正命令をし、是正を拒んだ場合、法律に基づき処罰決定行政機関が是正命令日の翌日より起算して、元の処罰金額に基づき日割で連続して処罰する。

 また、中央政府が重要生態機能区、生態環境敏感区・脆弱区等の地域で指定した生態保護境界線に対し、厳格な保護を実行することを明確にしている。

 新しい環境保護法は、2015 年1 月1 日より施行される。

ページトップへ