閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2014年4月29日 バンクーバー 山路法宏

加:ヌナブト準州Baffinland鉄鉱石プロジェクトが開発へ前進

 2014 年4 月29 日、地元報道によれば、加Baffinland Iron Mines Corporation(以下、「Baffinland社」)がヌナブト準州Baffin島北部で開発計画中のMary River鉄鉱石プロジェクトについて、ヌナブト環境影響審査委員会(Nunavut Impact Review Board、以下、「NIRB」)が提案したプロジェクトに対する条件案を先住民問題・北方開発大臣が承認したため、近くNIRBが許可証を発行する見込みであることが明らかとなった。

 Baffinland社は、年間18百万tの鉄鉱石を鉄道でBaffin島西海岸へ輸送し、Foxe湾の氷で塞がれた水路を通って欧州市場へ輸出する計画で、2012 年12 月に一度承認を受けていたが、その後、厳しい経済情勢を理由として、年間輸送量を3.5百万tに縮小して既存の道路とBaffin島東部の港湾を活用することに計画を変更したため、NIRBが当初の182 の認可要件のうち44 の条件を修正すると共に、新たに8 つの条件を加えていた。今回、先住民問題・北方開発大臣は、9 つの条件を修正し、1 つの条件を却下した上で、これらの変更を承諾したもの。同時に、ヌナブト企画委員会(Nunavut Planning Commission、以下、「NPC」))により進められていた、北方Baffin地域土地利用計画(North Baffin Regional Land Use Plan)との整合性の確認についても、NPCが提案した同計画の修正案が先住民問題・北方開発大臣により承認された模様である。

ページトップへ