閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2014年5月2日 ロンドン 北野由佳

ザンビア:Munaliニッケル鉱山、再開が遅れた場合はライセンス取り消しの可能性

 メディア各社の報道によると、ザンビア政府は金川集団(Jinchuan Group)が権益を有するMunaliニッケル鉱山に関して、2014 年の6 月までに操業が再開されない場合には、ライセンスを取り消す可能性がある。Christopher Yaluma鉱山・エネルギー・水開発大臣によると、ニッケル価格の低迷により2011 年から操業を休止しているMunaliニッケル鉱山の再開に関心のある投資家が複数存在しているため、ザンビア政府はMunaliニッケル鉱山の休止が長引く事態を避けたい意向である。金川集団とJVパートナーのConsolidated Mining Investment社(Consmins)は、2014 年6 月までに同鉱山での操業を再開するとの目標を設定していたとされる。

ページトップへ