閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年5月5日 リマ 岨中真洋

ペルー:2014年の銅生産量、20%増加の見通し

 2014 年4 月29 日付け地元紙によると、ペルー鉱業石油エネルギー協会(SNMPE)のEva Arias会長は、2014 年の銅生産量について前年比で20%増加する見通しを示し、その理由としてToromocho銅鉱山(Junin州)の操業開始や鉱山各企業がより効率的な操業を行っていること、また現在進行中のプロジェクトを取り巻く社会争議が減少していること等を挙げた。特に、Tia Maria銅プロジェクト(Arequipa州)に関しては既に10 回目の公聴会を終えてEIAの承認目前となっており、2015 年から2016 年には生産を開始するとの見方を示した。

 一方、金生産に関しては、2009年から減産の一途を辿っているとしつつ、2014 年はLa Arena金鉱山拡張プロジェクト(La Libertad州)やShahuindo金プロジェクト(Cajamarca州)の操業開始によって、僅かながらも1%の増産に転じる見通しを明らかにした。

 さらに、2014 年における鉱業投資額は、2013 年とほぼ同じ100億US$程度となる見通しを示しつつ、金属価格の下落により、大規模企業・ジュニア企業にかかわらず探鉱投資額は減少する可能性を認めた。

ページトップへ