閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年5月5日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:カナダ裁判所、加Baja Minig社に対する訴訟を棄却

 2014 年4 月29 日付け業界紙等によると、加Baja Mining社は、同社がBaja California州に保有するEl Boleo多金属プロジェクトのコスト超過に関連して訴えを起こされていた件に関し、 加Ontario州高等裁判所が訴訟を棄却した旨を明らかにした。

 本訴訟は、2012 年に一部株主が同社とC. Thomas Ogryzlo社長を含む経営陣等を相手取って訴えを起こしたもの。

 なお、同社は、本プロジェクトに関し、スイスLouis Dreyfus Metals Commodities社(LDCMS社)との間においても、2012年に初期開発コストの大幅増加に伴う損害賠償で訴えられ法廷協議が行われていたところ、本年1 月に和解した旨を明らかにしていた。

 本プロジェクトは、当初Baja Mining社が70%、韓国鉱物資源公社(KORES)を筆頭とする韓国企業コンソーシアムが30%の出資比率であったが、Baja Mining社の資金調達問題等により、現在の出資比率はKORESが70%、Baja Mining社が10%、残りの20%を韓LS Nikko Copper社及び韓SK Networks社が保有する。

ページトップへ