閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2014年5月12日 北京 篠田邦彦

インドネシア:中色株式はBumi Resources社とDairi鉛・亜鉛プロジェクトに関する更なる協力に合意

 安泰科によれば、2013 年10 月に戦略的協力協定を締結した後、Bumi Resources社と中国有色金属建設株式有限公司(China Nonferrous Metal Industry’s Foreign Engineering and Construction Co.,Ltd.)は、新たに工事調達・施工契約を締結した。中国有色金属建設株式有限公司は、インドネシアでBumi Resources社のDairi鉛・亜鉛プロジェクトを開発する。同社株式は、Bumi Resources社がまだ確定していない資金の85%を調達することで協力する見込み。Bumi Resources社の計画によると、Dairiの建設は2017 年末に完成し、同プロジェクトの年間生産能力は10万tに発展する潜在能力を秘めている。

 報道によると、中色株式は、同プロジェクトの総合請負業者としてBumi Resources社の資金調達に協力し、またBumi Resources社と独占販売協定を締結する予定で、Bumi Resources社が銀行と融資契約を締結する前にその精鉱の販売に協力する。もし融資が成功すれば、中色株式はDairiプロジェクトの29%の権益を買収する権利を有する。Bumi Resources社は2011年下半期にインドネシア林業部が公布した地下作業許可証を取得したにもかかわらず、Dairi鉱山プロジェクトを全面生産開始するには、まだまだ時間がかかる。Dairi鉱山の鉛精鉱の年間生産能力は6.5万tである。

ページトップへ