閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年5月13日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:2013 年の鉱業ロイヤルティ税収、前年比33%減

 メディア報道によると、2013 年の鉱業ロイヤルティ税収は前年比33%減の6億1,500万US$に止まり、2010 年以降最低となった。この急激な落ち込みは、銅価格の下落とコスト上昇による利益減少が主な原因。2013 年の平均銅価格は3.32 US$/lbで、2012 年平均より0.28 US$/lb下落し、鉱山会社の利益を44%引き下げたという。さらに、2010 年の震災の復興財源確保を目的としたロイヤルティ税率の一時的引き上げが終わったことも影響した。

ページトップへ