閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年5月14日 シドニー 伊藤浩

豪:連邦政府の経済見通しにおける豪州資源分野の投資予測

 連邦政府は2014 年5 月13 日に発表した2014/15 年度予算案において今後の経済見通しを発表。現在の豪州経済は、資源プロジェクトへの投資が牽引していた成長段階から、今後、非資源分野の産業の幅広い活動を原動力とする成長段階に移行すると見込んでおり、現在は過渡期にあるとしている。同政府は2014/15 年度の実質GDP成長率は過去のトレンドを下回る2.5%であるもの、2015/16 年度にはトレンド並みの3%になると予測している。

 一方、連邦政府は、資源分野における建設工事投資が少なくとも2015/16 年度まで減少を続けると見込んでいる。同政府は2014/15 年度の同分野の建設工事投資額が2013/14 年度比で13%減少し、2015/16 年度は20.5%減少すると予測している。

ページトップへ