閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル マンガン
2014年5月16日 北京 篠田邦彦

インドネシア:中国・恒順電気、ニッケル鉱山とマンガン鉱山を買収する予定

 安泰科によれば、恒順電気(Evercontaining Electric)傘下の全額出資子会社が、インドネシアのPT.MADANISEJAHTERA (以下、Madani社)のニッケル鉱山とCA.ALAMJAYA(以下、AlamJaya社)のマンガン鉱山の100%の権益を買収する予定。取引総額はそれぞれ800万us$、200万us$以下となる見込み。

 恒順電気の公告によると、戦略的発展計画に基づいて産業チェーンを拡大するため、同公司は、余熱発電・残留電圧による発電分野、海外発電所への投資建設分野、フェロニッケル製錬鉱業団地への投資建設運営分野、石炭の採掘貯蔵運送分野に次々に参入し、戦略の充実化を推進し続ける。

 今回の買収は、先端産業の規模をさらに拡大するため、展開された。買収後、Madani社、AlamJaya社は、恒順電気の全額出資子会社になる見込み。同社はインドネシアのフェロニッケル工業団地に価格が安く、品質が高いニッケル鉱石及びマンガン鉱石の原材料を提供することが可能となる。

ページトップへ