閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル タングステン
2014年5月21日 北京 篠田邦彦

中国:福建レアアース集団が保有する厦門タングステン業株式1,256万株を上海核威に無償譲渡へ

 安泰科によれば、厦門タングステン業(Xiamen Tungsten Co.Ltd)が2014 年5 月19 日に発表した公告によると、同社は支配株主である福建省レアアース集団(Fujian Rare Earth Group Co.,Ltd)からの「株式無償譲渡に関する通達」及び国務院国有資産監督管理委員会からの関連回答を受け取り、同回答は福建レアアース集団が保有する同社の1,256万株を上海核威投資有限公司(ShangHai Hewei investment Co.,Ltd)に無償譲渡することを認めている。

 上海核威投資有限公司は2009 年9 月に設立され、福建省地質鉱産探査開発局傘下の事業機関である福建省原子力工業294 大隊が投資する有限責任会社(法人による独資企業)である。

 今回の株式譲渡後、厦門タングステン業の総株式資本は依然として6億8,198万株で、そのうち福建レアアース集団が2億2,307万6,510 株(総株式資本の32.71%)、上海核威投資有限公司が1,256万株(同1.84%)、福建省潘洛鉄鉱有限責任公司が345万3,345 株(同0.51%)を保有する。

 今回の株式譲渡の主な目的は、福建省冶金(持株)有限責任公司(福建レアアース集団の支配株主企業)と福建省地質鉱産探査開発局が全面的な協力関係を築き、優位性の相互補完を実現し、共同で鉱物資源の探査開発を図ることである。今回の株式譲渡を通じて、福建省地質鉱産探査開発局の地質探査資金力をより強化し、より良い資源探査を行う。

ページトップへ