閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年5月23日 ロンドン 竹下聡美

南ア:Lonmin、235 名の従業員を職場復帰の裁判所命令に背いたとして解雇

 2014 年5 月20 日付メディア報道によると、Lonminは裁判所命令に背いてストライキに参加し職場に復帰しない安全管理及び坑内メンテナンス(Essential Services)に携わる従業員235 名を解雇した。鉱山労働者建設組合連合(AMCU)の協定によると、これらEssential Servicesに携わる従業員はストライキへの参加が認められていない。

 Lonminは、この5 月12 日までに職場復帰する旨の裁判所命令を2014 年2 月に取得していた。また、当該ストライキにより年間生産量の3 分の1 が失われたとして、同社CEOはストライキが終結しなければ会社が存続することは困難だと発言している。

 白金生産会社はストライキを行う従業員と直接賃金交渉を行っていたが、AMCUは雇用主が従業員と直接交渉しないよう労働裁判所に対して申し出ている。

ページトップへ