閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年6月2日 バンクーバー 昆野充登

加:Boss Power Corp、BC州とのウラン探鉱モラトリアムに関する和解が最終決着

 2014 年6 月2 日付け地元報道によれば、Boss Power Corp社は、およそ6 年に及ぶBC州との係争を決着した。

 同社は、2008 年からBC州が実施するウラン探鉱・開発モラトリアムによりウラン鉱区での探鉱が事実上禁止されたことに対してBC州を提訴していたが、2011 年に総額3,000万C$の支払いを受けることを条件にウラン鉱区を返還することで和解に至っていた。

 Boss Power Corpが分社化されることもあり、当該賠償金の分配方法について注目されていたが、360万C$を別途鉱区での権利を主張していた個人に、250万C$をBoss Power Corpへの臨時の資金として、残りをBoss Power Corpが分社化するまで信託することで関係者が合意した。

ページトップへ