閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年6月9日 ロンドン 竹下聡美

南ア:労働裁判所、鉱業協会によるAMCUストライキ禁止の仮命令申し立てを保留

 メディア報道によると、南ア労働裁判所は、南ア鉱業協会によるAMCUに対する金鉱山ストライキを禁じる仮命令の申し立てについて、2014 年6 月6 日に判断を留保するとした。鉱業協会は、金生産大手のAnglo Gold Ashanti、Harmony Gold社及びSibanye Gold社を代表して、AMCUによる白金鉱山ストライキが金セクターに波及するのを避けるため、労働裁判所に対して、AMCUにストライキを禁じる仮命令を申し立てていた。

 労働裁判所が判断を留保したことについて鉱業協会は、労働裁判所の判断を引き続き待つものの、この仮命令は依然として有効であるとコメントしている。AMCUは金及び白金セクターの労働者に対して月額基本給12,500 ランドを達成するべくストライキ実施を通知していたが、金生産会社によると、過半数を占める南ア鉱山労働組合(National Union of Mineworkers, NUM)を始めAMCU等との間で2013 年9 月10 日に賃金協定を締結していたとしている。

ページトップへ