閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年6月16日 リマ 岨中真洋

ペルー:政府、違法鉱業を取締り

 2014 年6 月14 日付け地元紙によると、2014 年6 月9 日と6 月11 日、Madre de Dios州の熱帯雨林地域で軍隊や警官隊850 名による違法鉱業取締りが実施された。

 6 月9 日にはLa Pampaと呼ばれる50 haの違法採掘現場でキャンプ場をはじめとする施設が破壊されたほか、地中に隠された発電機48 台、ボート52 隻、オートバイ94 台等が押収された。なお、取締りの実施後に、多くの違法鉱業労働者は活動を再開することから、取締り後もヘリコプターが週3 回の割合で現場を巡回する計画となっている。

 さらに6 月11 日には、La Pampa違法鉱業エリアへの物資の供給源となっている、大陸横断道路沿いの集落において取締りが実施され、200 馬力の大型発電機、オートバイ300 台等が押収されたほか、6 名が逮捕された。一方、Madre de Dios川においても取締りが実施され、金の大型採掘船5 隻、エンジン38 台等が破壊された。また労働者キャンプにおいても、金採掘船52 隻、エンジン48 台等が破壊された。

 なお、政府はMadre de Dios州における違法鉱業を2014 年7 月までに70%、同年12 月までに100%撲滅する方針を打ち出している。

ページトップへ