閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年6月16日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:政府、違法採掘活動抑制の一環として、運送ライセンスを一時停止

 2014 年6 月9 日付け地元メディアによると、インドネシア政府は違法な採掘活動抑制の一環として、鉱物・石炭運送会社62社の運送ライセンスを一時停止している。

 これらの運送会社には、運送対象物の供給元及び運送先の報告に30 日の猶予を与えられ、報告がなされなければ、ライセンスは完全に無効となる。ライセンスを一時停止された62社は、営業活動報告の不履行のため、第3 次警告文書を交付された78 社の一部であった。また、他136 社には、第1 次及び第2 次の警告文書が交付された。

 現在、運送ライセンスを保有している鉱物・石炭運送会社はおおよそ780 社存在する。

ページトップへ