閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
2014年6月17日 北京 篠田邦彦

中国:浙江省、電解アルミニウムなど生産能力過剰が深刻化している業界に対し厳しい規制を継続

 安泰科によれば、浙江省政府(Government of Zhejiang Province)は、「浙江省企業投資プロジェクト承認目録(2014 年版)」(以下「承認目録」)を公表した。目録の内容に基づき、浙江省政府は、鉄鋼、セメント、電解アルミニウムなど生産能力過剰が深刻化している産業への投資を厳しく規制または禁止する。企業のプロジェクトに対するネガティブリスト管理の実施を探り、土地使用及び資源利用を効果的に監督管理する。

 近年、浙江省政府は省内の高エネルギー消費、高汚染企業の存在する空間を圧縮し、経済の構造転換及び高度化を効果的に推進してきた。鉄鋼、セメント、電解アルミニウム、板ガラス、船舶など生産能力過剰が深刻化している業界に対し、浙江省政府は、関連プロジェクトの新規生産能力の増加を厳しく規制し続けている。それに、中央政府が発表した「産業構造調整指導目録(2011 年版)(改訂)」の中で対象となっている規制類及び淘汰類プロジェクト、「外国企業投資産業指導目録(2011 年改訂版)」の中で対象となっている制限類及び禁止類プロジェクト及び「浙江省立ち遅れた生産能力淘汰指導目録(2012 年版)」プロジェクトへの投資も厳しく規制または禁止している。

 省政府の関連通達に基づき、省内ではネガティブリスト管理方式を探り、企業が「承認目録」対象外のプロジェクトを投資建設する場合、登録管理を行う。省級関連部門は、各市・県を指導し、実態を踏まえて関連産業のエネルギー消費、汚染物の排出、安全性及び単位面積当たりの投入産出など参入許可基準を作成する。各市・県政府は、巡回検査・抜取り検査、信用保証、事後懲戒及び責任追及などの制度を築き、登録プロジェクトの土地使用、資源利用、エネルギー消費、汚染排出などに対して効果的な監督管理を実施する。

ページトップへ