閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2014年6月18日 サンティアゴ 山本邦仁

ブラジル:Onça Pumaニッケル鉱山での先住民との争議は2 日間で平和裡に収束

メディア報道によると、Valeが操業するOnça Pumaニッケル鉱山(Para州)での先住民反対運動は2 日間で平和裡に収束した。鉱山操業による地域コミュニティ発展への脅威を緩和するための修正合意を求める先住民集団約400 名が、6 月15 日、鉱山ゲートを封鎖し、従業員50 名を鉱山施設内に留めたほか、施設への放火を示唆して威嚇するなどしていた。Valeは、「先住民との議論には応じる姿勢であるが、従業員の安全を脅かすような暴力の行使は断固として認めない」とのコメントを発表した。 Onça Pumaニッケル鉱山のフェロニッケル生産能力は220千t/年(ニッケル純分53千t/年)で、ほとんどが中国、日本、ドイツ、フィンランド、イタリア等に輸出される。2011 年6 月に操業を開始した後、2012 年6 月、製錬炉の問題から操業を停止し、2013 年11 月に操業を再開した。断続的な操業となっているが、年間ニッケル生産実績は、2011年:7千t、2012 年:6千t、2013 年:1.9千tと推移してきている。

ページトップへ