閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年6月23日 サンティアゴ 山本邦仁

ブラジル:2014 年1 ~5 月の銅鉱山からの鉱業ロイヤルティ納付額は前年比17%の減少

 メディア報道によると、2014 年1 ~5 月の銅鉱山からの鉱業ロイヤルティ(CFEM)納付額は40.9百万レアル(約18.3百万US$)で、47.8百万レアルだった前年同期比17%の減少となった。2013 年のCFEM納付額(総額23.8億レアル)における銅鉱山からの納付額が占める割合は4.05%であったが、2014 年1 ~5 月における割合は5.2%となっている。

 州別でみるとSossegoおよびSalobo Iが位置するPará州のシェア(69%)が最大であり、これにMineração Maracáが位置するGoiás州が次ぐ(シェア:18.8%)。

 今後、Salobo IIプロジェクト(銅生産量:100,000 t/年、予定:2014 年上半期)やSerrote da Lajeプロジェクト(銅生産量:32,000 t/年、予定:2016 年)の生産開始に伴い、CFEM納付額が急増することが期待されている。

ページトップへ