閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年6月23日 モスクワ 木原栄治

ロシア:Norilsk Nickel社、2017年8月までにBystrinsky銅採鉱選鉱コンビナートの建設を完了予定

 2014 年6 月3 日付け地元報道によると、Norilsk Nickel社は2017 年8 月までにBystrinsky鉱床の採鉱選鉱コンビナートの建設を完了し、2018 年よりチタ銅プロジェクトのフル操業化(鉱石年間処理能力1,000万t)を予定している。

 同社は同日、Bystrinskoe鉱床の4 施設(選鉱プラント、労働者用キャンプ、石炭貯蔵庫付暖房ボイラー室、Bystrinsky採鉱選鉱コンビナートの電気供給施設)のターンキー方式による建設の国際入札を発表した。

 Norilsk Nickel社の最新の戦略では、本採鉱選鉱コンビナートの2017 年操業開始に向け、今後4 年間で10億US$以上のノンリコースローンによるプロジェクトファイナンスが予定されている。パーヴェル・フョードロフ第一副CEOは、十分検討を重ねたプロジェクトで採算性も高く、独立した企業として分離する計画であるとしている。同氏によると、Norilsk Nickel社は中国をチタ地域産銅の最大消費国とみなしており、年間10億US$以上の高品質銅精鉱を中国市場に販売する予定であり、鉄鉱石精鉱(磁鉄鉱)も販売する予定である。

 同社は2018 年には銅の総生産量を約20%増の42万~44万5,000 tに拡大する予定である。

ページトップへ