閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年6月24日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:氷河保護法案の国会提出は8 月に

 メディア報道によると、Pablo Badenier環境大臣の下院環境委員会での発言で、チリ政府が氷河保護法案を2014 年8 月に国会へ提出することが明らかにされた。Badenier環境大臣は、「多くの議員動議がこれまでにあり、これらを評価し有益なところは取り入れることも検討しながら、政府の法案として提出したい。しかし、分析や対話が必要な複雑な問題もあることから、よりよい形での規制を検討するため、科学者や大学教員、業界関係者と意見交換を行っている」と述べた。政府は氷河保護と両立可能な経済活動の実現を目指しているという。さらに同大臣は、氷河保護は氷河保護法によって扱われるのに加え、先頃国会に提出された生物多様性及び野生生物地域保護局設立法案にも付加的な氷河の保護が含まれると述べた。

ページトップへ