閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年6月27日 サンティアゴ 山本邦仁

ブラジル:連邦裁判所、Volta Grande金プロジェクトのライセンス手続き差し止めを承認

 メディア報道によると、ブラジル連邦裁判所は、Belo Sun Mining社(本社:トロント)が保有するVolta Grande金プロジェクトのライセンス手続きの差し止めを承認した。裁判所は、また、2013 年12 月にPará州環境省(Sema:Secretaria de Meio Ambiente do Pará)が発行したVolta Grande金プロジェクトの暫定ライセンスについても保留とした。今回の裁判所の判断は、2013 年11 月にPará州連邦公共検事局(MPF:Ministério Público Federal no Pará)が下した、同社が先住民調査を完了するまでは暫定的に手続きを停止する、との措置を支持するもの。

 Belo Sun社は「連邦裁判所の裁定は暫定ライセンスが有効となる余地を残すものであり、今後のライセンスの取得に向けて先住民調査を完遂する必要がある」と発表したほか、「プロジェクト推進に向けたライセンス認可の要求事項達成に向けて、Semaとの協力を継続していく」ともしている。

 Volta Grandeプロジェクトは、議論を呼んでいるBelo Monta水力発電所(初期投資額130億US$)と同じ地域に位置しており、Belo Sun社が保有する鉱区内には先住民が居住するほか、小規模採掘活動が存在している。

ページトップへ