閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年6月30日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:汚職撲滅委員会(KPK)のターゲットは悪徳鉱山会社の背後にいる軍事関係者

 2014 年6 月25 日付け地元メディアによると、インドネシア汚職撲滅委員会(Komisi Pemberantasan Korupsi: KPK)は悪徳鉱山会社の背後にいる軍事関係者に取り締まりの狙いを定めている。

 KPKのAbraham Samadリーダーは、インドネシア軍長官との同意に基づき、軍事関係者に対して厳しい行動をとると述べた。同氏は、現役及び退役軍人の後ろ盾が鉱業部門における税及びロイヤルティ滞納の理由の一つであると述べた。また、国内の鉱山会社の半分が納税者番号(NPWP)を持っておらず、これはこれらの会社が政府に支払うべき税金及びロイヤルティを納めていないことを示している、と同氏は指摘した。

ページトップへ